花粉症ピーク!免疫療法一年目の症状は・・・

花粉飛散スギ林

花粉症のピークシーズンとなりました。

テレビの「花粉予想」の地図は真っ赤か。

見ているだけで痒くなるようです。

昨年から花粉症の根治治療 「舌下免疫療法」を受けはじめ、迎えた花粉のピークシーズン

その効果のほどの報告です。

わたしは元花粉症患者。元です。

10年ほど前、免疫療法で花粉症とハウスダストアレルギーを同時に克服しました。

子どものころから重度の症状で悩まされ、若い時にはステロイド系の注射にも手を出しました。

今考えると、かなりヤバい病院でした・・・

うすうすヤバいとわかっていても、症状が重くて耐えられなかったのです。

マスクはガーゼ製だったし、空気清浄機も、花粉除去グッズも無きに等しかった・・・

そのころは、症状を抑えるための対処療法の薬しかありませんでした。

保険適用の根治療法

症状を抑える対処療法ではなく、元の花粉症を治す根治療法、

この根治療法としての「免疫療法」を知ったのは、首都圏に引っ越してからのことです。

偶然近所にこの療法をやっていた耳鼻科医院がありました。

これは『免疫療法』といって、アレルギーの原因となるアレルゲン物質を少量ずつ身体に入れて、徐々にならしていこうというもの。

現在花粉症の根治治療として、認められている唯一の療法です。

ただし、わたしが受けた皮下式=注射。

受けるハードルはかなり高い・・・

頻繁に長期にわたって病院に、注射を打ってもらいに通わなければなりません。

しかも、結構痛い・・・

効果は実証され、保険も適用されるというのに、この皮下式免疫療法が拡がらなかったのは、仕方ないように思います。

格段に手軽になった舌下式

皮下式の治療を受けていた10年ほど前から、「舌下式」の存在は知っていました。

毎日少しずつアレルゲンを入れ、免疫をつけるというのは同じですが、注射ではなく服用で続けるというもの。

つまり、病院に通わなくても家で服用ができるというものです。

もちろん医師による処方が必要ですが、ひと月に一度病院に行けばいいという手軽さ!

皮下式をこなした私からは、ずいぶんと楽に思えます。

なんといっても、免疫療法の効果を身をもって知っているので、これは夢のような治療法に思えました。

この舌下式免疫療法は、安全性と効果が確認され、3年前から保険が適用となりました。

12歳以上 指定の医療機関で受けられます。

治療一年目の花粉シーズン 効果を実感!

娘はわたしゆずりのひどい花粉症。

昨年から近所の病院で、この舌下免疫療法を受けています。

そして迎えた初の花粉飛散のシーズン。

効果を言えば、確実に効いているようです!

昨年まで花粉飛散開始のニュースの前から、鼻水がとまらずくしゃみを連発していた娘。

去年の6月から治療を始めたところ。今年は周囲の方の症状が出始めても変化なし。

最近ピークシーズンとなって、「鼻水がでる」程度。

一番気の重かった身体のだるさと、頭がぼーっとする症状は全く無いと言っています。

傍で見ていても苦しかったくしゃみの連発もありません。

もちろん全ての人に効く療法ではないでしょう。

家で服用と言っても、毎日のことですからメンドウではあります。

副作用だって心配です。

でもひどい花粉症にお悩みだったら、この舌下式免疫療法を試してみるのもいいと思います。

ご興味ありましたら、この治療の体験をつづったこちらをお読みください。

↓  ↓  ↓

「花粉症を治す 舌下免疫療ってどんな治療?」

シダトレン維持期用パウチ

舌下免疫療法のシダトレン維持期用パウチ

にほんブログ村テーマ 花粉症がつらすぎる!くしゃみ鼻水鼻づまりへ
花粉症がつらすぎる!くしゃみ鼻水鼻づまり

関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする