受験を迎える前に治したい花粉症!治療法はこれっきゃない!

スギ花粉飛来

受験と花粉症の関係

高校はともかく、大学受験は三月のシーズン真っ盛りまで続きます。

受験期と重なる花粉症のシーズン。

悩ましいですね。

症状がでれば鼻はむずむず身体はだるい。

対処療法の薬は大して効かないわりに、眠くなりやすい・・・

うちの高校生娘もひどい花粉症

昨年の高校受験シーズンは鼻水程度ですんだけれど、

大学受験の際の“ジャストミート”は避けたい。

なので、思い切って始めました

舌下免疫療法

現在のところ、花粉症を克服する唯一の治療と言われています。

  ※すべての人に効くわけではない。副作用が出る場合もあります

よくテレビの情報番組でも医者が言っていますよね。

新聞の全面広告もよく目にします。

・・・のわりには、近くでやっている人がいない

・・・ように思う。

実際にやっている人の話は聞かないけれど、わたしはこの効果を身をもって知っている!

だって、わたし自身12年前に免疫療法で克服したんですもの!


ただし、わたしのは皮下式。

皮下式=注射による治療で、かれこれ3年以上病院に通い続けての克服。

痛い、長い、メンドクサイ

ところが、

現在話題の舌下式は、皮下式よりずっと手軽に続けられる療法です。

というわけで、娘にはこの舌下免疫療法を受けさせています。

この療法は新しいもので、やっと一昨年から保険が適用になりました。

現在高校1年生の娘。

二年後の大学受験シーズンまでに完治を目指すなら、今しかないっと、

去年の7月から始め、

初期には副作用に悩まされながらも、毎日服用を続けてきました。

シダトレン維持期用パウチ

そして迎えた初の花粉飛散シーズン。

今のところ症状が出ていません。

例年なら飛散開始情報の一週間も前から、鼻が痒いと言っていた重症の娘

関東はすでに花粉の飛散量「やや多い」に突入。

なのに、

まだ症状が出ていない!

克服のためには最低2年、3年以上続けるのが推奨されていますが、数か月で効果が見え始めるとも聞いている。

娘が治療を受け始めてから8か月目経過していますが

この感じだと「効いている」と言っていいみたい!

もっと本格的に花粉が飛び始めたら、症状がでるだろうことは覚悟しつつも、例年よりはずっとましであることを期待できそうです。

この治療興味があったらこちらから

治療の体験記を綴っています→「花粉症を治す 舌下免疫療法体験記1 どんな治療」

  • 12歳以上が対象です。
  • スギ花粉症とダニアレルゲンによる通年制アレルギー性鼻炎が保険適応です。
  • 花粉飛散時期には始められません。(5月以降がベストのよう)

治療できる医療機関については鳥居製薬の「トリーさんのアレルゲン免疫療法ナビ」で探せます。

■娘の治療体験記 目次ページは→ こちら です。

■あの有名乳酸菌は残念ながら、娘には効きませんでした。その件については→こちらから

にほんブログ村テーマ 女性のための情報満載へ
女性のための情報満載
にほんブログ村テーマ 花粉症がつらすぎる!くしゃみ鼻水鼻づまりへ
花粉症がつらすぎる!くしゃみ鼻水鼻づまり

関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする