ハンドメイドの黒歴史 おかわり!

昨日「ハンドメイドの黒歴史」を書いて、もう一つ失敗があったなあと思い出したので書きます。

それは“カエルのアクリルたわし”の話。

編み物も好きなわたし

100均で色畔やかなアクリル毛糸を見つけたので、

カエルの顔の形にアクリルたわしを編んだことがあります。

コレ、簡単でカワイイ

遊びに来たAちゃんが気にいってくれたので、帰りに1枚あげました。

すぐにAちゃんママから「ありがとう」のメールをいただき、

すっかり忘れていたのですが、

1年後くらいにAちゃん宅におよばれすると、

リビングにあのカエルが!

「かわいいから使えない」とママ。

いやいや、そんなモン使ってよ~インテリアの邪魔になるでしょ~

あれから何年?さすがにもう捨てたよね?

そうAちゃんはあのAちゃん

「ミニマリストに憧れる高校生」

もし、捨てられないママのせいでそのままだったら・・・

Aちゃん、余計なモノあげたわたしを恨んでいるだろうな~

ごめんね。

友人宅にも5年以上前にあげた手編みのポットホルダーが

キッチンに飾られている(?)のが、毎回気になる・・・

捨ててよって言っていいのか?

・・・

好意であっても、考えなしにモノをあげてはいけません!

これ、教訓です!
にほんブログ村テーマ 女性のための情報満載へ
女性のための情報満載

関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする