腰痛で整形外科 やっぱり加齢?

ひと月ほど前から腰が痛い。

起床時が一番きつく、手をつきながらゆっくりと身体を起こす。

「加齢による・・・」の言葉しか浮かばない

なんとなく腰が痛くて、午前中はよろよろ動く。

・・・中年女性、これくらい誰にでもあることですよね~

激痛というほどのことはなく、静かに動いていれば、昼には忘れている程度。

転んだりぶつけたりの思い当たることもない。

寝起きで身体がこわばっているのでしょう。朝一からキビキビ動けた若い頃とは違う。

軟骨がすり減りつつあるのかな?

半年前に指が痛くていった整形外科で、軟骨のすり減り、加齢による・・・という診察を受けて以来、なんでも「加齢による・・・」が、頭に浮かんでしまうのです(笑)

◇過去記事→手指から始まる老化 関節リウマチ?変形性関節症?

腹筋の弱い女性に多い腰痛

老化だから仕方ないと思いつつ、やっぱり何か手が打てるなら、早い方がいい。

予防や早期治療が医療費削減につながる

これは確かだと思うので、病院に行くのはメンドウという気持ちは捨てて、前回と同じ整形外科に行ってきました。

問診のあと、4枚のレントゲン撮影。

それを見せられながら医者の話を聞きました。

レントゲン写真からは

背骨の一番下の空間が狭くなっているのがわかります。

押しつぶされたよう?

お腹を突き出しふんぞり返った姿勢が、この位置に負担をかけてつぶされているのだそう。

それにしても、

そんなに威張った姿勢をしているつもりはないけど・・・

これは腹筋が弱い女性によくある症状だそうです。

なるほど、

お腹を突き出しているわ・・・わたし(笑)

立っているときはお腹を突き出して背骨をのせている感じ。

意識して背筋を伸ばさないと、

だらんとだらしない恰好で・・・

そうね、威張っているというより気の抜けた感じ(笑)

というわけで、

今回の痛みは「加齢」というより、姿勢の悪さが原因のようでした。



理学療法士による運動指導と処方箋

放っておくと痛みは増す可能性が高いらしいけれど、特に病名はつけられませんでした。

「ひどくなるようなら、一度MRIを受けるように」

脅かされたようでもあるけれど、医者の口ぶりから、今のところはそう深刻ではないことは確かのようです。

それでもレントゲン写真から

「気のせい」で痛いのではなく、痛い原因はちゃんとあったようです。

「痛さが辛いでしょう?」と医者に言ってもらい、

・・・それほどではありません(笑)

腰痛の薬

処方されたのは 痛み止めのロキソニンとそれにより胃が荒れたときのための(?)レパミピド。プラス湿布。

それから、クロルフェネシンカルバミン酸エステル錠。

こちらは「腰や肩などのこわばりをとり、痛みを和らげる薬」。

4日分。

さらに腰に巻いて腹筋の無さをカバーするコルセット!

そして、理学療法士による「リハビリ」と「セラピー」を受けるよう指示されました。

どちらも込み合っているとのことで、後日の予約をとってきました。

「リハビリ」については未だ受けていませんが、「セラピー」の方は一度受けたそれはとっても気持ちよかったです!(そのときのことはこちら →「健康保険でマッサージ」

原因が腹筋が弱いためであっても、腹筋を鍛える運動はたぶん続けられない。(根性無しの自分のことは知っている!)

だから「治す」ためには「リハビリ」に期待しています。こちらについては、また後日ご報告します。

「リハビリ」の予約は一週間ほど後なので、とりあえずは姿勢に気を付け、ふんぞり返らない体勢に気をつけます。




効いた薬とコルセットは・・・

薬については、

飲み薬は痛み止めは飲むほどではないので、保留。

湿布もそれほど痛くないので、保留。

クロルフェネシンカルバミン酸エステル錠のみ飲み続けたところ、今はほとんど痛みは感じないまでになりました。ただし、飲むと眠くなるという注意書きにあった副作用が、もろにでました・・

この薬が私には合ったようです。猛烈眠くなるけれど(笑)

それプラス

コルセット着用して、ちょっと姿勢に気をつけるだけでだいぶ違う!

早めに病院に行ったのが、やはり良かったようです。

本日のお会計

3,150円 (初診料、レントゲン4枚に薬代、コルセット代、電気治療込み)

早期治療と予防が結局は医療費削減となる!

そうそう、忘れちゃいけないコルセット。

言われたとおりに腰に巻いています。

身体には確実に良さそうだけど、トイレ・・・メンドクサイです。


■追記 後日(リハビリ時)にカルテを見たら、「腰椎椎間板ヘルニア」と書かれていました。わたしの腰痛、よく聞くこの病気「椎間板ヘルニア」だったんですね。

椎間板ヘルニアだとやっぱり原因は「加齢による」部分が大きそうですね。医者が「姿勢が悪いから」と言っていたのは、たぶん「加齢による」プラスでという意味だったのでしょうね。

■追記(2月17日)リハビリも受けてきました!
そのときの様子はこちら→ 「理学療法士の施術 一発で治った!・・気がする」

関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする