オフスキンケア 良好に継続中

かずのすけの奨める「オフスキンケア」。

オフスキンケアとは、

強すぎる洗浄成分は、肌から保湿成分まで奪ってしまう。だから洗浄剤を徐々に弱いものに代えて、肌本来のバリア機能を取り戻す。

とこんなところでしょうか。

夏の終わりに、かずのすけの本を読んで以来、せっけん類を

より低刺激な「アミノ酸系界面活性剤」のものを選ぶようにしています。

このブログでも何度かその件に触れています。

で、現在。

良好にオフスキンケア続行中!

例年より乾燥を感じない

冬の乾燥期まっただなかですが、例年より肌は乾燥して痒いなんてことが、少なくなった気がします。

あくまで「気がする」であり、もともと大したトラブルがないので、「治った!」なんて華々しい報告ではありませんので、悪しからず。

ケアセラ

「ビオレ」から「ケアセラ」に代えただけ。

ビオレが悪いわけではなくて、より優しいものに代えただけ。

それで心持ち、例年より全身の乾燥が減った気がする。

効果を実感といえば、

私より重症で、ボリボリ背中やお尻を掻いて、ひんしゅくをかっていた夫のほうが、目立った効果があったような…

ボディソープを「ミノン」に変えたところ、そういえばあんまり掻かなくなった!

気がします。

「ミノン」はかずのすけ先生もこの本で推奨しています。

↓  ↓  ↓

坂口健太郎君がでてくるCMで、夫に使わせるのがもったいないくらいですが(笑)

値段も高めで夫にはもったいないくらいですが(←まだ言う!)効果は知れましたので、リピートしています。

■オフスキンケア関連の過去記事一覧は → こちらです!

■かずのすけ 関連の過去記事一覧は → こちらです!

関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする