ストイックな小嶋ルミさんが好きな理由

小嶋ルミのフルーツケーキ

このブログを2,3ページ読んでいただければ、私が自分に甘いやつだというはバレれていると思います。

辛いのが嫌、コツコツ努力が苦手、というのもありますが、

微妙な良し悪しがわからないというのも理由だと思います。

例えば料理。

自分で適当に切ったり、味付けしたり、火加減したものが、最高なわけがない。

もっと工夫すれば、その分おいしく見栄えも良くなるのだろうと思います。

ところが、その違いがよくわからないのですよ。

味の違いとか…

ちょっと加減を替えてみたところで、大して変わらないと思うか、どっちも美味しいじゃんとなる。

自分に甘く、追求しない女 というより、

そもそもが

違いがわからない女

…寂しい!

図画工作、音楽楽器演奏、どれも人並み以上にはなれませんでした。

結局芸術方面は「良い」がどこにあるのかわからないと、進みようがないんだと思います。


学校時代の成績はともかく、大人になってからは評価もないので、どんどんいい加減になっている気がします。

料理や手芸といった「家庭科」は昔から好きではあるけれど、大した腕ではないのは自覚しています。

今の生活で敢えて自分にキビシサを求めるとしたら、お菓子づくりだけ、かも。

だから、

料理本には求めないけれど、お菓子のレシピ本では、ストイックな印象の先生が好き。

だから

小嶋ルミさんの本が好き。

スポンサーリンク

小嶋ルミのレシピ本自体が絶品!

小嶋ルミのフルーツケーキ

このフルーツケーキはEテレの「きょうの料理」で観て以来、良く作ります。

オーブンを使うと余熱がもったいないでしょ。

温度をいったん上げたら、一品じゃ電気代がもったいないと思ってしまうんだな~。

というわけで、コレを良く作る。

日持ちするので、冷蔵庫でほぼ常備。

ほぼ同じメニューがこちら(↓)の本にも載っています。

パウンドケーキなんて「簡単でしょっ」という中級者にこそ見て欲しい。

電動泡だて器、高速で5分バターを攪拌とか、

粉を入れたら50回混ぜる、

なんて目からウロコなコツが細かく書かれています。

この通り作れば確実に美味しい。

一歩先に行ける、気がする。

この本はタイトル通り生地がメインとなるメニューばかり。

見栄えより食感と味。

無骨だけど絶品レシピばかりです。

関連記事&広告



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク