学資保険 300万円で足りるのか?!

一人っ子の娘のための郵便局の学資保険

今16歳なのであと二回(年払い)引き落としがあります。

満額300万円に設定し、一年に21万円とちょっとの支払いです。

夫の冬のボーナスから、引き落としの郵便貯金口座に移してきました。

ボーナスで特別欲しいものもなく、幸い家電等も壊れる気配もないので、

今回は残りの2回分入金してきました。

払い終えたという感慨もないのですが、とりあえずこの通帳は娘に見せて、これで賄ってねと伝えました。

学資保険は全額大学資金

300万。

高三の一月には手にできるはずなので、そこから受験費用~入学金~大学の学費を出します。

というか、あとは自分でやってもらおうと思っています。

自宅から国立

でなければ足りませんね。

ベネッセマナビジョンHPを参考に、

国立を志望校にし、滑り止めとして私立大学4校受験をする場合、

受験費用 179,000円

  • センタ試験受験代  17,000円
  • 国立二次試験受験代 18,000円
  • 私立大学願書代   1,000円×4校 4,000円
  • 私立大学受験代   35,000円×4校 140,000円

国立大の学費 2,425,200円

  • 入学金 282,000円
  • 授業料 535,800円×4年で、2,143,200円

合計 2,604,200円

これが最小の見積もり、いや、一校は私立に(返ってこない)入学金を払うだろうから、 262,436円をプラス

結局 2,866,636円

一番低く見積もってのコレです。

300万円なんて、

私立、あるいは自宅外、あるいは浪人、なんてことになったら、たちまち足りなくなる金額。




現実をみて、私立となった場合も書いておきます。

(同じくベネッセマナビジョンHPを参考に)ざっくり計算すると、

入学金、4年分の学費、施設費等の理系の平均で

5,217,624円

これに上の受験費用 179,000円を足して、5,396,624円

・・・

とまあ、私立となったら、300万ではまるで足りませんね!

その際は奨学金を借りて、バイトに励めと言ってあります。

これは

30年前、自宅外の私大、仕送りも充分、アルバイトはレジャー費のみという大学生活を送った私の考え

対して、

国立大の苦学生だった夫は

仕送り月三万 あとは奨学金と家庭教師のバイトで賄ったというのに、

娘の学費ならいくらでも出す、だろう。

理系の場合、大学院進学が多いのも事実。




実は夫婦とも院に行きたかったのに、行けなかったこともあり、

娘には行かせたい気持ちもアリ・・・

というわけで、どうなることやら、我が家の教育費

それは最後の最後までわかりましぇん!

と、考えることを放棄してしまうんです・・・

それでも教育費には「聖域無し」「金で志望校が近づくならば全部出す!」

普段堅実な金の使い方ができている夫婦でも、子どもの教育資金にはタガが外れる。

あるある、ですね・・・

やっぱり足りない!高3になってみえてきた現実

→ 「学資保険300万じゃ絶対足りない」

高齢出産した我が家の場合の教育資金についてはこちらから

過去記事→ 「高齢出産 教育資金の貯めどきは」

関連記事&広告



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする