花粉症を治す!舌下免疫療法 順調に三か月目

花粉症を治す唯一の方法と言われる減感作療法

話題の舌下免疫療法を始めた娘(高校生)の体験談 三か月目の報告です。

おおむね良好に続けています。

シダトレン維持期用パウチ

シダトレン維持期用パウチ

ひどい花粉症の娘が、症状を抑えるのではなく、根本から治したいと、今年(2016年)の六月から、舌下式の治療を受け始めました。

どんな治療かはこちらから→「花粉症を治す!舌下免疫療法ってどんな治療」

初診は6月、薬の量を少しずつ増やす増量期が終わる2週間後に二度目の受診。
その後は一か月(4週間)分の薬が処方されます。

副作用が出て(副作用の様子はこちらから)、スムーズにとはいきませんでしたが、なんとか三か月目に突入し、先日も病院→薬局を周り、三回目の4週間分をもらってきました。

スポンサーリンク

本人不在でしたが処方箋をもらえました

前回の受診時までは、服用後頭が痛いだの、胸が苦しいだの、さらには口のなかに「なんか生えてきた!」(発疹でした)なんて、騒いでいた娘。傍でみている親としては、それなりに心配もしましたが、本人の意思で続けてきました。

医者からみればその程度の副作用は「有り」らしく、アレグラを一緒に処方しつつ、「様子を見ながら続けよう」。

アレルギーの素を身体に入れているのだから、副作用は当たり前といえば、当たり前・・・なのか・・・

それが2カ月を過ぎた頃から、副作用の症状は無くなってきました。

だから今の問題といえば、毎朝服用を忘れないようにすることくらい。服薬治療継続中です。

そんなか8月下旬の薬が切れたとき、本人が部活の合宿で受診できず。
薬が無くなる本来の受診日が、お盆で休診だったため、病院の休み明け、仕方なく私が代わりに行ってきました。

本人の診察が受けられないからダメかもと思ったのですが、受付に事情を話すと、すぐに次の一カ月分の処方箋を渡されました。

「前回まで副作用あったのに、先生が診なくていいんだ~」って、少しあきれる感じ・・・

いい加減な気もしますが、“その程度と考えられているのなら、その程度”で受け入れましょう。楽なのがいいですから。

というわけで、合宿から戻ってまた、毎朝服用する毎日。問題なく続いております。

娘が服用しているのは「シダトレン」というスギ花粉のための免疫薬。

たぶん秋の花粉症には効果はないと思われるので・・・でも、医者からはシダトレンやっていると、他のアレルギーにも効くことあるし~と軽い感じで言われています。

スギ花粉については、最初の年から効果は見え始めるらしいので、とりあえずあと半年はこの状態が続きます。

最低3年は続けることが推奨されています。根治のために、めんどくさいけど続けさせるつもりです!

今回のお会計 受診なしの処方箋発行だけ 580円
4週間分のシダトレン   1480円
※前回のアレグラは無し

「シダトレン」は昨年から保険適用となったスギ花粉用ですが、今年からはダニアレルギー性鼻炎のための免疫薬もあります!

どんな治療かはこちらから→「花粉症を治す!舌下免疫療法ってどんな治療」

この薬は症状の出ているとき、つまり花粉症シーズンに始めることはできません。
始めるなら今、せいぜい秋くらいから?

とりあえず、上の記事読んでみてください。その続き「2 治療初日」には、治療ができる施設一覧のサイトリンクものっています。

関連記事&広告



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク