巨大子宮筋腫 私の場合3
大きすぎて測れない!

20㎝超えの巨大子宮筋腫に気づいたときから、摘出手術までの経験を綴っています。
初めて読まれる方は「巨大子宮筋腫 私の場合 目次」ページからどうぞ

今回は3話  産婦人科での初診から一週間 貧血の検査結果がでてからの再診で告げられたときのことです。

スポンサーリンク

子宮筋腫についての知識は・・・

「子宮筋腫は子宮にできる良性の腫瘍 大人の女性ならほとんどがもっているもので、たいていは放置しても大丈夫」
これがわたしが当時もっていた知識のほとんど全てです。

この病気に一番身近な40代女性であっても、この程度が普通だと思います。

このブログは患者としての体験を中心に書いていますが、医学的な情報もないと、医者の説明も理解できません。
私は婦人科受診に向けて、事前に本やネット検索で集めました。

手術が決まってからは、ネットはもちろん関連の本を読んだり、体験者からの話を聞いたりと情報を集めました。

かなり必死に…。

こうやって調べた内容も、今後このブログ内で充実させたいと思っています。
※ 治療方法について調べたものはこちら→「5話の4章 薬物療法と手術方法」に加筆しています。

医者も絶句 大きすぎて測定不能

もとからの認識プラス 本やネット検索等で得た知識をもって聞いた医師からの説明は、

「子宮に筋腫があるが大きすぎてここでは測定不能 MRIでの測定とその後の切除手術が必要。どちらにしても大きな病院を紹介する」でした。

このとき図を書いて説明もしてくれたし、丁寧な説明を受けた印象はありますが、ショックが大きくて、あまり頭に入ってきませんでした。

それでも、事前にある程度、筋腫に関する知識を入れていったのは良かったと思います。

結局「放ってはおけないほど大きな筋腫があり、切るしかない」と、そういうこと。

そもそも筋腫がなぜできるのかも、なぜ大きくなるのかも現代医学でもわかっていないとなれば、医者からの説明で完全に理解できるものではないのかもしれません。

ましてや「大きすぎてここでは測定不能」となれば、「治療は大きいところへ丸投げ」となるのも仕方ないと思えました。

これほどでない場合は、通常は町の婦人科で診断もつけば、治療もできます。

切るほどではないけれど、貧血や月経痛などの症状がある場合は、ホルモン療法による治療が施されるのが一般的なようです。

これは、女性ホルモン(エストロゲン)の分泌を一時的に停止させて筋腫を小さくするもの。

ただし、大きすぎたわたしの筋腫は、この町医者では手に負えず、早々に大病院に移されたわけです。

しかし、筋腫があまりに大きく、そのままでは手術が危険とのことで、手術前に少しでも小さくするために、大病院でわたしもこのホルモン療法を受けることになりました。

このホルモン療法、副作用もありますので、事前にしっかり確認がしておくべきです。

わたしの受けたホルモン治療については、次の大病院での手術前の検査・治療の記事で書きましたので、お読みください。




点滴で貧血治療

結局この町医者でできることは、貧血の治療のみでした。

前回の検査から、ヘモグロビン値5.5。

貧血治療に必要な鉄剤の量は、体重とこのヘモグロビン値で計算され、私の場合は点滴4回と注射12回となり、この町医者に隔日で通いました。

点滴はベッドに横たわって30分。注射は普通に・・・

通うのは面倒でしたが、若い頃処方された鉄剤の飲み薬は吐き気があったので、そういった副作用がない点滴・注射は特に苦痛ではありませんでした。

結果、貧血は2カ月弱で通常値に戻り、治ってみてれば、確かに身体は軽く、息切れがしなくなりました.

お腹は相変わらず立派にせせり出ていましたが(笑)

紹介された大病院は、まさかの有名病院。

庶民のわたしには恐れ多くももったいないような立派な病院。

が、実際に行ってみての感想は、立派な設備を備えているのは確かだけれど、ちっとも威張ったところのないふつーな病院でしたよ。

この続きは 「4 MRI画像はショックの塊」に続きます。




一気に書いてしまいたいのですが、全てが無事終わった今でも、経緯を振り返るのはなかなか大変。現在不安をおもちの方の心労を、お察しいたします。

私も最初は驚き不安でした。が、流れにのってしまえば案外大丈夫なものでした。

最終的には、現代の日本に生きているってラッキーって思えるような経験になりましたよ。

こちらをクリックで、「巨大な子宮筋腫 わたしの場合」の目次ページに戻ります

いろんな体験が読めます。
↓  ↓  ↓
にほんブログ村 病気ブログ 子宮筋腫へ
にほんブログ村

関連記事&広告



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク