学習漫画は歴史だけじゃない!
理科にもお勧め偉人伝

娘は理系 数学も理科も大好きだそうです。
出来は問わない・・・

小学生の頃の愛読書のひとつが
マンガの科学偉人伝

暗記科目にはマンガが有効と、

娘が小学生3年生くらいのときに、歴史マンガの購入を検討しました。

が、本人少しも興味を示さず、

本屋で見た「科学偉人伝」のマンガに釘付け

親の知らないうちに、おばあちゃんに買ってもらっていました(笑)

アマゾンのレビューでも勧めている人は、みなさんぞっこん。

向き不向きはあるのでしょうが、うちの娘も夢中でした。

10歳前に買って、何度も読み返し内容はほぼ暗記。

偉人伝ですから、科学者の生い立ちやら苦労、挫折やらも書いてあるのですが、そういった物語的なことよりも、研究成果のほう、つまり知識的な記述がおもしろいらしいです。

どこがツボかは子どもによるのでしょうが・・・

わたしが読むと、知識が細切れのように思えて、頭に入ってこないのですが、

子ども(一般)にはなのか、あるいは娘(個人的)にはなのか

すごくためになっておもしろい! そうです。

例えば陽子とかクオークとか・・・好きです。アボガドロ数とかベータ崩壊とか・・・言いだします

もちろんどこまでわかっているのかは、?ですが、

そういう世界があることに興味はもったようです。

それが勉強とか将来にいきるとかはわかりませんが、もう単純に好き 何度も繰り返し読んで、楽しい時間を過ごせたよう。


もともと幼児期から虫や植物が好きな子どもではありました。

あと空とか雲とか・・・理科的観点なのか、自然が好きだったのか・・・

理科好きの素地はあったと思いますが、

この科学者の偉人伝マンガで、科学者という、世のため人のためではなく(もちろんそういう立派な意図をもっているのだろうけど)、単純に自分の疑問に思ったことの解明や、面白いと思った研究に一生打ち込む人間がいるんだというのを知ったようです。

加えて大人も知らないような科学の単語を口にするだけで、へえ~って驚いてくれるんだって、思ったのかもしれません。

とにかく、このマンガは娘的には大正解!だったと思います。

お気に入りのマンガではありますが、最後の終わり方は「後味が悪い」そうです。

小学生の頃、何度目かに読み返した時にも、静かに泣いていました・・・

なぜか・・

それは最後に紹介された人物の不遇さに・・・

二宮忠八 飛行機の設計に打ち込んだにも関わらず、世間の無理解から研究を続けられず、ライト兄弟に先を越されて無念がるシーンで終わるため

ここで泣くなんて、いい奴だな~と思った親ばかを告白しておきます(笑)

今回は理科 数学好きにする子ども向け本の紹介→「こちら」もお読みください!

同じカテゴリーの記事はこちらの一覧からどうぞ!→リケジョ(理系女子)の子育て

関連記事&広告



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク