おしゃれとは程遠い夫の部屋・・・本人が良ければそれで良い

狭いマンション住まいだけれど、
夫は7畳の個室
理由は夫の私物を見たくないのと、寝息が煩いからですが

我が家で一番良い部屋のはずだが、
その部屋が散らかっていてダサい

帰省時に感じた地方の家の立派さ(←昨日の記事参)
現マンションに戻って思うのは・・・やっぱり狭い

それでも、狭いながらも好みのインテリアにして、気にいった住空間にしている。

ただし、夫の部屋は私の管轄外

よってダサい 通販で買った組み立て収納棚とベッド下に、パソコン・ゲーム関連のモノが詰め込まれて収集がつかない・・・

いわゆる汚部屋 ひゃー

毎朝本人が出かけた後、ベッド周りは整え、他の部屋のついでに掃除機はざっとかけます。

「こんな部屋に住んで、かわいそうだね」と陰で言うと、

「本人は幸せだと思うよ」と娘。

実際に本人に聞いてみました。

「充分」

さよか・・・あれこれ他人(妻)に触られるより、放っておいてくれたほうが、ずっといい、そうです。

本人がいいならいいです。

しかし、どうして百円ショップで買ってきた収納かごやボックスには、いつの間にかごみしか入っていない場所ふさぎとなるのでしょうね?

「最初から買わなきゃいいのに。学習しないなぁ」

大量の空き箱には、「古すぎて売れないモノの箱くらい捨てたら」

これくらいの厭味は言ってしまいます(笑)

関連記事&広告



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク