たるみに一番 顔の筋トレ

マイナス10歳肌を目指して日々邁進

肌の質感については、いい線いっていると思う(面の皮厚いです。すみません)

目下の悩みはたるみです。

改善方法は知っている・・・筋トレ!

予防については、“肌老化を食い止めるための保湿に努め、紫外線を避ける”に尽きる。

しかし、すでにたるんでしまっているものの改善は・・・これはもう、鍛えるしかないと思っています!

身体は確実にそうですよね。たるみは自前の筋肉で支えるしかないっと、鼻息荒くジムに通ってマシンによる筋トレ・・・
実際には週2回くらい、2,3種類をちょこっとやっているだけですが、それでもやるとやらぬは大違いで、後ろ姿をよく褒められますw

スポンサーリンク

顔だって筋肉トレーニング

顔も絶対同じだと思います。

顔ヨガ 顔筋エクササイズにマッサージ 他にもいろいろ話題になっています。

テレビでもネット動画でもよく見ます。ひとつのやり方をマスターしてやり続けるのが一番なんだとは思います。

でもとりあえずは、動かすこと!

ひとつのメソッドに拘らなくても(だって、なかなか覚えられない)、まずは、普通にしていてはあり得ないくらい、顔の筋肉を動かしてみる。

顔中の筋肉を意識してとにかく大げさに笑うにぃ~、鼻に意識を集中して顔中の肉をそこに集めるように寄せてみるい~、大きく目を見開くん~、口の中で舌を歯茎の外側に沿わせてグルグル回してみる・・・とにかく普段動かさないところを大きく動かしてみるんです。

すると・・・すごーく疲れます

つまりそれだけ動かしていないんですね・・・身体の筋肉以上に普段は動かしていないんだなって意識する。

凝っているといってもよいと思います。それをほぐす意味でも、動かすのは効果的だと思います。血行が良くなる!確実に表情が若々しくなる!

そして次の段階は顔の筋肉鍛えなきゃっ!うすーくきれいな筋肉がついて、頬がきゅっとあがる感じ、口角がきりっと!イメージトレーニング!

お風呂のなかはリラックスできるうえに、湿度が高いので最適!




美魔女の歯科の先生が提唱しているエクササイズ、親指を口の中に入れ、人差し指は外から頬の肉を挟んでグリグリ、痛いけど効く~(「歯科医 顔 エクササイズ」←で検索してみてください。)

最後に左の耳の下から首を上から下に手のひらでさすってリンパを流します。

気持ちいい、より効果的!

お風呂に限らず、わたしはやってます!

気がついたら、即!舌グルグルや大げさに目を見開いたり

ところが、こうやってパソコンに向かっているときには、なぜか思い出さずしかめっ面で表情が固まっている・・・

それなのに、外で信号待ちしていたり、電車にのっているときとかに思い出すんですよ・・・すると勝手に顔がすごいことになって・・・

すっごく恥ずかしいです(笑)

関連記事&広告



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク