ワクチンは今年も不足気味

インフルエンザの予防接種を受けてきました。

予約無しで大丈夫なクリニックのはずが、今年は要予約。

月曜日に行くと、「ワクチンが品切れで、水曜日午後に再入荷します」とのこと。

しかも、「水曜午後に予約できなければ、打てません」ですって!

不足気味とは聞いていたけれど、今年も予防接種を受けるのは大変なんですね。

受験生の娘がいるので、わたしと娘の二人分、その場で予約。

指定通り水曜午後に受けてきました。

恐らく月末には生産が間に合って、ワクチン不足は解消されるでしょう。

去年もそうでしたから。

本格流行が年末以降ならば、ギリ間に合うか?

どちらにしても、ワクチン接種はインフルエンザの現実的な予防策としては唯一のものらしいですから、重症化を避けるためにもあるときに打っておくにこしたことはないと思います。

ワクチン接種については、ひとそれぞれの考えがありますが。

受験生は二回接種

絶対インフルエンザにかかりたくない受験生は「二回の接種推奨」みたいです。

接種後一か月が予防効果のピークで、その後4か月程度の効果はあるというけれど、受験終了の3月中旬(国立後期試験)までを考えると、一回ではちょっと心もとない(?)

中学受験、高校受験なら2月中には完全に終わっているけれど、大学受験は長い人は長いし、おそらく娘はその口(笑)

2回接種の場合では通常2~4週間あけて接種すると、効果が高い(ブースター効果)という。となると、今年中か年初そうそうに二回目が望ましいけど。

娘にはセンター試験が終わったころ、2回目接種を受けさせようか?

今回受けたクリニックでは、一回3400円でしたが、今年ばかりは金額じゃあありませんからね…たぶん二回接種だろうな。

関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする