かかるお金は本当だ!

教育費は一人あたり1000万!なんてよく聞きますよね。

うちは娘の意志で中学受験をしなかったので、ずーと公立となる予定だった。

だからそんなにかかるわけないと思っていました。

が、現在高3になってみれば、1000万なんてフツーと思います(苦笑)

ウチは大丈夫という過信

経済観念がまともだからとか、

周りには流されないとか、

塾産業に踊らされないとか、

娘もしっかりものだから等々

根拠のない自信がありました(笑)

だから、1000万なんてかかるわけないと思っていました。

だから学資保険は300万円設定。

すでに払い込みは終わって、来年早々に振り込まれるはず。

ですが、これじゃ絶対足りないことがはっきりしてきました。

学資保険の満期は18年。

来年1月早々に振り込まれます。

学資保険分は大学資金のみ。

幼児期からの積み重ねでいくらかかったかは、数えたことがありませんが、これまで+大学卒業までに1000万円越えは確実。

私立理系だと入学金+授業料+施設費等々で入った学校に払う金額だけで、4年で750万円ですから。

国立ならば280万円ですが、娘の志望校は自宅外なので、生活費も併せて私立理系とほぼ同額は決定(涙)

生活費は教育費じゃないというのはありますけど、結局かかるお金なんで同じですよね。

というわけで、大学4年間だけで750万円越えは決定なのです。

そのときになれば、“できるだけ”が優先

堅実だし、首都圏在住だし、娘も身の丈のあったレベルの地元国立にいくだろうし、そのための努力は自学自習でやるだろう、なんて数年前に考えていたのが冗談みたい。

いざ受験生となると、本人んい憧れの学校ができたならば、それに向けて塾にも行かせるし、浪人はさせたくないから、レベルをかなり下げたところまで視野に私立の併願校選びをする。

いかに今年一年間にお金を使っているか、それもさらに増えていくか。

関連過去記事 → 「大学受験高3時にいくら使うか」

もうやけっぱちな気分ですよ(笑)

当事者になれば、ストッパーが効かない。

これ今身をもって体験中!

われながらバカだなと思うけれど、これって世の平均的な親の姿なんじゃないかとも思う。

というわけで、かかると言われている金額はかかるもんです。

何事も。

これは教育費のことだけれど、恐らく他のことにも言えると思う。

だから、老後費用3000万といか言われているのも、「いやいやそんなにはかからないでしょ」とつい最近までは思っていたけれど、きっと3000万円は本当にかかるんだと思っています。

そう老後資金は3000万、これホントにかかると思いますよ~。

関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする