百人町の路地裏カフェ

友人に連れられ、新大久保でランチ。

人気店「おんどる」は平日というのに行列。

11時に行ったので、席は空いていましたが、一時間後店を出たら、結構並んでいました。

「おんどる」ではサムゲタンやチジミをいただきまして、噂通り美味しゅうございました。

人気の「チーズダッカルビ」も頼みたかったけれど、鍋の大きさを見て断念。

4人以上でのご来店がお勧めです(笑)

早々に食べ終えて、カフェに移動。

友人お薦めの「韓流茶房」に連れて行ってもらうも定休日。

速攻、スマホで検索。

友人がどんな検索をかけたかは知りませんが、ヒットした喫茶店に向けてうろうろ。

ラブホテルと普通の一軒家と韓国料理店が混在する路地の中にありました。

「カフェ アリエ」

ツタの絡まる古い家屋

外観もただ者じゃない感が!

建物の中は意外な空間

吹き抜けの高い天井に白い壁

窓もドアも配管も階段も全部が良い雰囲気

思わず「えっ」と声が出ちゃいました。

それもそのはず。

ここは磯崎新氏の設計で、元は美術家のアトリエ兼住まいだったのだそう。

店内の写真は撮りませんでしたが、お気になったら是非足を運んでください。

建物内はもう本当に「好き」ばかりな空間でした。

ついでに、小さめの本棚は、笑っちゃうほど昔のわたしの本棚の中身と重なっていて。

80年代の学生時代にタイムスリップ?

店主らしき女性と趣味が同じなのかもしれないけれど、あえて話かけることもない。

だってあの頃、周りにはそんな友人がゴロゴロいたもの。

新宿区百人町の路地裏

地域猫なのか野良なのか、自由な猫ちゃんをいっぱい見つけました。

猫見学を兼ねて、次回は一人で行ってみようと思います。

関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする