成人式の振袖 3年前に予約

3年後の娘の成人式の振袖着付けの予約をしてきました。

娘は高3 まだ17歳なんですけど~

受験生なんですけど~

今年の四月頃から、ガンガン来ていた「成人式の振袖」のダイレクトメール。

どこで名簿が漏れている?というのかは置いておいても、一年間違っているんじゃないかと思ってしまいます。

「成人式の振袖」営業は3年前から始まるのですね。

最近はよく電話もかかってきます。

「受験生なので、来年春以降に考えます」とお断りしていたのですが、ダイレクトメールのパンフレットはいくつか見ていて、良い印象を持って覚えていたところからの電話の話は聞いてみました。

で、すっかりセールストークにのって、今日店舗に出向き、まんまと契約してきてしまったカモ親です(笑)

着付けの予約は早い方が良い⁈

娘の意向で「ママ振り」の予定。

親の着た昔の振袖を着るのをこう呼ぶそうですね。

娘がそう言い出したのは、費用のことを気にしているのかもしれません。

親の意向はまた別(後述)ですが、着付けの予約だけなら本人が行かなくてもよいだろうと、セールストークにのって出かけた次第。

レンタルの着物を選ぶのなら、本人が出向かなければいけないでしょうが、受験生は今、行かないでしょうね。当然。

2年前でも遅いと言われ

本当かウソか、3年前のこの時期でも「良い時間帯はほぼ埋まっている」。

さらに来週末くらいからは、「指定校推薦で進路が決まったお嬢様方が来店して決める」そうですよ!

この地区の成人式は10時からと決まっていて、遡っての最善の時間は6時~7時だそう。

もうすでにここはいっぱいで、「7時半が少しだけ空いています」。

そう言われたら、そこの予約は逃せないって気になりますよね?

・・ならない?簡単に乗せられすぎ?

その場で予約。

クレジットカードでお支払いしてきちゃいました、わたし(笑)

担当の方の話では、着物をレンタルするのなら、来年の成人式が終わって返却されてから春までが一番着物がたくさんあって選べるそう。

ただし、その頃の予約だと、早朝5時、4時の着付けになるとか…

それより後、「ゴールデンウィークを過ぎると、割引などのキャンペーンは無くなっていきますよ」とのこと。

どこまで本当かわかりませんが、とりあえずウチは当日の予約時間のために早く動きました。

「ママ振り」だと、モノがあるだけに動きが遅くなりがちなので、早めに予約されて正解ですよと褒められました。←商売だもんね(笑)

予算は上乗せ必至

今は「ママ振り」のつもりでも、実際にレンタル品と比べたらそちらに心が動く可能性も大。

世間知らずの娘が「費用を抑えるためにママ振り」と思っているのなら、結局は「レンタルの方が得」という世の商売を知ることとなるでしょう(笑)

今回のお支払いは、すべてこちらの持ち込みで、「(前撮り、当日の)着付けとヘアメイク、前撮り写真一枚」で、60,000円+消費税。

ただし、ざっと説明を聞いただけでも、「ママ振り」は着付けに必要な小物にヘアアクセサリ、お直し、クリーニング、前撮り写真の枚数他全てにおいて、プラスプラスで高くつきそうです!!!!!

でも、それを考えるのは娘と来店できる来年にします。

だってその前に、受験までの塾代に、受験費用、入学金、大学授業料といくらかかるのかの方が問題ですから!

関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする