エステアップⅤの改善を願うとこ

ドクターシーラボの多機能美顔器「エステアップⅤ」。

使い始めて半月になります。

使い始めの使用感を過去記事にしました。

「ドクターシーラボの美顔器の使いココチ」エステアップV使用感レポ1」 「

三回も記事をアップしたのですが、結局言いたいことは、

ジェルの使用量が大量だということと、EMSの振動が気落ち悪いってことの2点でした。

使用目的が「EMSで顔の筋肉を鍛える=たるみ解消」ですので、どちらも受け入れて使い続けて効果をだしたいと思っています。

それは変わらないのですが、やっぱり期待をもって毎日使っていると、細かいところが気になりますので、今回はその辺をあげつらってみます!

多機能の意味は

エステアップ5は『超音波・導入・EMS・RF(温感)・LED』と5つの機能を謳っています。

これが切り替え無しで一回の使用で、毎回同時に効くらしい。

多機能があるのはもちろんお得だし、それが一回の使用で全部の効果が得られるののも便利な気がするけれど・・・

でも、超音波や導入、温感が「じんわり気持ちいい」=癒し効果があるのに、そこにEMSの「鍛える」要素を加えるのはいかがなものかと思うのです。

↑ヘッドの中心の六角形が超音波、三角のそれぞれの先端にある三つの金属がEMSです。

1つの器機に一緒にくっ付けるのはいいのですが、切り替えて別々に働かせたほうが断然いいと私は思うのです!

実際の使用感はEMSの振動が強くて、超音波のじーんという気持ちよさが感じられないのが残念だから。

EMSの変な振動抜きで、超音波と温感(じんわり温かくなる)とLED(赤色LEDは肌に良いそうです)を感じたい!と思うのは私だけじゃないはず。

わたしの主な購入目的はたるみ防止のEMS効果なので、そちらをメインに使いますが、超音波、温感、LEDは癒し目的で、切り替えして別に使えたら、いいのにな~と思うのです。

ついでにというか結構大事なところですが、三角形のヘッドの三隅についているEMS出力部の数、位置はこれで良いのか??

そもそもヘッドが三角なのはベストな形なのか?

おそらくメーカーでは何度も繰り返しテストをして、最も効率よく肌に当たる形、場所としたのだろうけれど…丁寧に撫でるように使っていても、空振り(出力箇所が肌に当たっていない)はあるもので、その点残念に思う。

使い勝手の改善点

さらに細かいところをあげつらっておきますと・・・

まず主電源とモード切替ボタンの位置。

使用中に指がボタンに当たって、何度も誤操作をおこしてしまう!

ちょっと握り直すだけで、誤操作の繰り返しをしているのは私だけ?ではないと思いますよ。ここ絶対改善できると思います。

それから充電機。

本体を立てて充電する仕様なのですが、ACアダプタのプラグと充電台が外れにくい。

結果つけっぱなしで収納しているので、おさまりが悪くて邪魔。

隠し扉つき棚でもあれば、置きっぱなしもできますが、充電機に立てかけて本体を置いておくのはデザイン的に×。

美顔器なんて隠しておきたいもの。わたしは引き出しに収納しています。

できれば充電台を無くしても使用できるよう、本体にACアダプタのプラ部差込口を作って貰えると収納場所の選択が増えると思う。充電中も倒して置ければ目立たないし。

以上2点。小さいことだけどここは改善して欲しい。

とはいえどんな文句があろうとも、EMS効果でたるみが改善したならば全て吹っ飛びます。

とにかく今はたるみ改善を夢みて毎日8分の使用を続けています。

半月経過の効果は・・・特に感じないのは残念です、が・・・120gの大型ゲルを買い足しました。あと一か月は毎日使用して様子をみようと思っているところです。乞うご期待!

関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする