エステアップV使用感レポ②

ドクターシーラボの最新機種の美顔器『エステアップV』を使っていての個人的な感想レポートを書いています。今回はその2です。

前回は使用時に使うゲルの吸収がすごい!と書きました。

このゲル(アクアコラーゲンゲル エンリッチ)はメーカー(シーラボ)の自信作。大量に取り込むのは肌に良さそうですが、みるみる減っていくのでランニングコストが高そうです(笑)

その効果はともかく、わたしがこの美顔器購入の決め手は『EMS』機能でした。

“EMSとはElectric Muscle Stimulationの略。

電気の力を使って、筋肉を鍛える運動方法のひとつ”です。

腹筋を割るためや痩身のための器具という印象が強いですが、この美顔器でもその機能を謳っています。

顔面のたるみが気になりだしたわたしは、かねてから顔ヨガやら舌回しやらの顔の筋肉を鍛えることに興味があったので、この美顔器には興味があったのです。

EMS お腹と顔面じゃあ大違い!

たるみ防止にはなにより筋肉!と思い、気づけば舌回しや顔ヨガの真似事を習慣づけようとしてきたのですが・・・すぐ忘れてしまう・・・

それで美顔器を使って効果的に短期間で続ければいいんじゃないかとの期待です。

毎朝の洗顔後の化粧水をこのゲル+美顔器に替えれば、忘れないし!

『EMS』はジムでデモンストレーション販売していた際に、お試しで使ったことがあります。

その時は腹筋用!もちろんお腹です。

商品名は覚えていませんが、CMをやっている『シックスパッド』だった気がします。

で、お腹にパッドをあて通電させたときは、刺激は感じたし決して気持ちよくは無かったけれど、神経に触るというかんじではありませんでした。

強め設定だとピリピリと痛いかなという程度で、耐えられないというものではありませんでした。

それで大丈夫と思ってしまったようです。

しかし、今回美顔器で顔に当ててみたところ、EMSの電気振動がびくびくと感じて、とにかく神経にさわる気持ちの悪さ!

もともと顔の皮膚のほうが敏感だろうし、なんといってもお腹の厚い脂肪の上からあてるのとは違います!

最初に気づかなかったわたしはお馬鹿さん!

初めて美顔器をあててみたときは、「無理」と思って投げだしほど!

それでも気を取り直して、弱モードであててみると、なんとか耐えられるレベルではありました。一度は放り投げようかとも思いましたが、2万円以上の品、もったいないからと再トライ。

最初にエステ的な「癒し」を求めてしまったのが間違いだったと思います。

筋トレだと思って使えば、「イヤ」なのも効果のうちと思えて、我慢できます。

実際一週間たって、だいぶ慣れました!

一日8分 我慢我慢

エステアップの取り扱い説明書の推奨は、一日8分。

最初にMODE1 タッピングモード、次にMODE2 温感タイトモード。

MODE1は“お肌をやさしくたたくような感覚でお肌の準備するトリートメント”、MODE2は“お肌をやさしくつまむような感覚のハリと引き締めのトリートメント”と書いてあるのですが…とんでもない!

どちらもやさしくはない!

痛いわけではないけれど、ギーギーというかグイングインというか、肌下の筋肉(?)に結構強い刺激がきます。

骨や歯の付け根の上だとより響くというか、神経に触る。

あくまで個人の感じ方の報告ですが、『癒し』とか『やさしさ』では絶対無い!

ただし繰り返し書きますが使用感は嫌いだけど、2万円以上払ってもったいないし、何より『EMS』の筋トレ効果は期待しているので、これからも続けるつもりです。

わたしは1週間使って、なんとか慣れた気がしますが、人に拠ってはどうしても『ダメ』という人もいると思います。神経に触る感じですから…

できれば購入前に自分の肌にあてて試すのをお勧めします。

通販モノなので、難しいと思いますが、公式サイトの口コミを見る限りでは、取扱店舗で美顔器のお試しができるところもあるみたいです。

できればお友達が持っていて、試しに使わせてもらえたりしたらいいんですけどね。

なかなかそうはいかないもの。

再三ですが、わたしは何とか慣れたけれど、「使用感については皆さんにお勧め!」とは言い難いです。

肝心な効果については、一週間ではまだ出ていません。

一か月後?半年後?にまたレポートしようと思います。

効いていて欲しい~!!!!!と切に願いつつ。

次回は最後、このエステアップの使用感ではなく、使い勝手についてレポートします。

関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする